取扱業務LEGAL

相続・遺言

このようなお悩みはありませんか?

  • 自分が亡くなった後に、相続人らがもめないように遺言を作成しておきたい。
  • 実家の土地・建物を兄弟で相続したことにより、トラブルが発生してしまった。
  • 行方不明の相続人がいる。
  • 遺言書の内容に納得がいかない。何かいい方法はないか。
  • 相続の際に、内縁の配偶者への配慮はどうしたら良いか。
  • 他の相続人が遺産を独り占めしている。

銀座ウィザード法律事務所の特徴

相続は血のつながりのある者同士だからこそ、譲れない争いとなり、長期化することも少なくありません。残された者同士で争うということは、大変悲しいことです。

あんなに仲の良い兄弟だったのに、両親が亡くなった瞬間から壮絶な相続争いが始まってしまったというような光景を目にすることも増えてきました。親が生きているうちに、財産となりうるものの名義をすべて自分の名義に変えてしまいたいというご相談者様もいらっしゃいます。

相続においては、財産はどれだけあるのか、借金はあるのか、誰が何を相続するのか、手続きはどうするのか、相続税はいくらになるのかなど、考えるべきことがたくさんあります。また、利害が対立する当事者が多く、さまざまなケースがあるため、内容が複雑になることもあります。

問題がこじれてしまった後では、こじれる前と比べて、解決にかかるお金も時間も労力も何倍も大きなエネルギーが必要となります。そんなリスクを背負う前に、まずは一度、弁護士へご相談ください。遺言書の作成から遺産分割協議まで、長年の経験をもとにご相談者様に寄り添ったご提案を行ってまいります。